室内の壁をペンキで塗ったり、すでにもっている家具を塗ってみたりしたいと思ったことありませんか?
今回は、ペンキをキレイに塗るための5ステップ!!をお伝えしますね!

 

ステップ1 道具を揃える

はじめての場合は一式揃ったセットを買ってみるといいと思います。慣れてきたら、自分に合った道具を探してみましょう。

出典:楽天

ステップ2 整える、キレイにする

ペンキを塗る前に壁や家具の状態をチェックしましょう。剥がれたり汚れたりしていると、上からペンキを塗った時にきれいに仕上がりません。

壁が剥がれている場合は、ボンドで補修しましょう。

汚れはできるだけ落として綺麗にしましょう。汚れがひどいと、ペンキを塗った際にムラが出てしまうことがあります。

壁紙が剥がれてしまっている場合は、速乾の木工用ボンドを使って修復します。

木工用ボンドを少量指先につけ、壁紙のめくれた部分の裏側と、壁紙が剥がれた部分の壁面に、木工用ボンドを薄く塗ります。

木工用ボンドを塗ったら、最後に、剥がれた壁紙を上から指でしっかり押さえます。

(参考:初心者DIY実践塾

ステップ3 マスキングをする

きちんとマスキングしてあげないと、ペンキがはみ出したりしてしまいます。

この作業は仕上がりを左右する大事な作業です。

出典:Paint navi

テープを指でしっかりと押さえて、浮き上がっているところの無いように気を付けて貼ります。

ステップ4 塗る

雨が降っていたり湿気が多い日は避け、天気の良い午前中に塗りましょう!

出典:How to DIY

塗り方は、まずW字型に塗料を配り、次に端から順に塗料をのばすように塗っていきます

1回目塗り終わったら、しばらく乾かします。

乾燥時間は約1時間ですが、気温や湿度によって前後します。

その間ローラーや刷毛が乾いてしまわないように、ゴミ袋にバケットごと入れて密封しておきましょう。

2回目はしっかり乾かしてから塗らないと、ムラの原因になってしまいます。

塗り方は1回目と同様に丁寧に塗っていきましょう!

ステップ5 マスキングテープを剥がす

出典:Paint navi

半乾きのうちに、マスキングテープをはずしましょう。

完全に乾いてからだとテープと一緒に塗膜が剥がれてしまうかもしれません。